急な出費が重なったときは、給料の前借りができれば良いのにと誰もが思うでしょう。

  • 会社に給料前借りを交渉し難い
  • 銀行や消費者金融には断られた
  • 社内の誰かに知られたくない

このような悩みを解消し、要望を叶えてくれる、給料前借りサービスがあるのをご存じでしょうか。

 

一定額の手数料を支払うだけで、会社にも家族にもバレずに給料を前借りできる『給料ファクタリングサービス』についてご紹介します。

 

給料ファクタリングサービスとは

ファクタリングサービスとは、売掛金を専門会社に買い取ってもらい、現金を得るサービスです。

 

一般的には、企業が取引先に対して所有している売掛金回収の権利をファクタリングサービス会社に買い取ってもらう方法です。

 

このサービスを個人向けにしたものが、『会社から給料を支払われる権利』を買い取ってもらう、給料ファクタリングサービスです。

  • 給料ファクタリングサービス会社に申し込む
  • 審査を受け、現金を受け取る
  • 給料日に勤め先企業から給料が支払われる
  • 自分で給料ファクタリングサービス会社へ返済する

主な流れは上記のとおりで、ポイントは給料ファクタリングサービス会社と利用者個人の2者間での取引であるという点です。

 

返済は自分自身が給料を受け取ってから個人的に行うため、勤務先に知られることなく給料の前借り・返済ができます。

 

給料ファクタリングは、違法じゃない?

給料を得る権利を他者に売るというと、法的に問題はないのか、と心配になる方も多いのではないでしょうか。

 

ファクタリングサービス自体は、イギリス発祥の合法的な債権譲渡の方法です。

 

給料ファクタリングサービスも、きちんとしたルールに基づいた利用であれば、違法にはなりません。

 

中には悪質な金融会社が給料ファクタリングサービスを装って営業している場合がありますが、そのような会社は手数料や契約書の不自然さで見分けることができます。

 

借入金よりも多い手数料を設定していたり、白紙状態の契約書にサインや捺印を求めてくるような怪しいファクタリングサービス会社には注意しましょう。

 

公式サイトに手数料の%が書かれていたり、こまかな部分も丁寧に説明したり、契約書をきちんと管理している、良心的な会社を選べば、合法的に利用することができます。

 

ただし、以下のような『お金を得る権利』は、会社に支払い義務がなかったり、法的に権利譲渡が禁じられているため、サービスの対象外となります。

  • 年金
  • 生活保護の支給金
  • 児童扶養手当て・子供手当てなどの公的手当て
  • 失業保険
  • 夏季・冬季ボーナス

給料ファクタリングサービスは、あくまで働いた分に対して発生している、必ず支払われることが分かっている給料に対して受けることのできるサービスです。

 

もし、上記の権利を買い取れる、と言われた場合は悪徳業者の可能性が高いため、そのような会社では給料ファクタリングサービスを申し込まないようにしましょう。

 

給料ファクタリングサービスのメリット・デメリット

会社や同僚にバレることなく給料を前借りできる、給料ファクタリングサービスにも、メリットとデメリットがあります。

 

給料ファクタリングサービスの仕組みを知るのにも役立つ、サービスそのもののメリットとデメリットをご紹介します。

 

とくにデメリットは、事前によく理解しておくことで、返済時に思わぬトラブルに見舞われるリスクを軽減できます。

 

メリット

給料をもらう権利を買い取ってもらう給料ファクタリングサービスは、消費者金融や銀行で融資を受ける場合と比べて、以下のようなメリットがあります。

  • ブラックリスト入りの方でも利用可能
  • 勤め先を挟まない2者間契約
  • 即日で現金を受け取れる
  • 利息がなく、一定額の手数料のみ

最大の特徴は、審査対象が利用者個人ではなく、勤め先の企業となっている点です。

 

そのため、仮に自己破産歴があり、ブラックリストに名前が載っている方であっても、倒産リスクの低い会社で働いていれば、融資を受けることができます。

 

契約は利用者個人と給料ファクタリングサービス会社の2者間で行われるため、勤め先に連絡がいくことはありません。

 

消費者金融と同様、申し込んだその日のうちに融資してくれるファクタリングサービス会社が多く、即座に現金がほしい方にとって非常に便利です。

 

融資ではないため、借り入れた金額に対する利息は発生しません。

 

一定額の手数料がかかりますが、利息ありの融資のように『借りた期間』に応じて増えることはなく、『借りた金額』に対して数%の割合でのみ手数料が発生します。

 

利息のように日が経つにつれ金額が増える、ということがないため、給料日に返済する金額が膨れ上がる心配がありません。

 

デメリット

メリットの多い給料ファクタリングサービスですが、利用する際は以下のようなデメリットをきちんと理解しておきましょう。

  • 給料の範囲内での融資に限られる
  • 返済金の分割払いができない
  • 複数社の利用は難しい

支払われることが確定している給料の権利を譲渡する給料ファクタリングサービスは、勤め先から本来の給料が支払われた後、即座に返済することを前提としています。

 

よって、給料よりも多い金額の融資を得ることはできません。

 

給料よりも少ない金額であれば、たとえば30万円の給料支払い予定がある中で10万円分のみサービスを利用するなど、一部の金額のみ前借りすることは可能です。

 

サービス会社としては、給料が支払われれば満額返済してもらえることを条件に融資しているため、基本的に返済金は一括で支払うように設定されています。

 

一括で返済できないからといって、他社で同じように給料ファクタリングサービスを利用するのは要注意です。

 

同じ月の『給料を得る権利』を複数の会社に譲渡すると、二重譲渡となり、無自覚のまま詐欺行為を働いてしまうことになります。

 

消費者金融のようにA社への返済金をB社で借りる、など、複数社を一度に利用するのは難しく、トラブルの原因となるため、一括で返済できる範囲での借り入れ額に留めましょう。

 

とはいえ、基本的なルール(給料の範囲内で借りる・複数社で借り入れない)を守れば、給料ファクタリングのデメリットはほとんど気になりません。

 

七福神がおすすめ!

給料ファクタリングサービスを安心して利用するには、ルールをきちんと守ることはもちろん、良心的なサービス会社を選ぶことが重要です。

 

おすすめの給料ファクタリングサービス会社は、『七福神』です。

  • 取り引きの実績が多く業界では有名な企業
  • 公式サイトに経営者情報が公表されている
  • 会社情報がしっかりと公表されている
  • 法人向けファクタリングサービスも行っている

七福神をおすすめする理由は、以上の4点です。

 

設立して日の浅い会社ですが、取り引き実績は豊富で、法人向けのファクタリングサービスも行っています。

 

また、悪徳業者が隠しがちな経営者情報や会社情報をきちんと写真や地図つきで公表しており、信頼できる良心的な会社であることが分かります。

 

サービス内容も申し分なく、たとえば即日入金は平日なら19時まで、日曜日は18時までの申し込み分まで当日中に入金してくれます。

 

祝日も通常通り営業しており、土日休みや営業時間17時までの同業他社が多い中、忙しい方にとって利用しやすいのが七福神です。

 

申し込み手続きや必要書類の提出は電話やFAX、インターネット上で完結するため、全国どこでも(離島でも)申し込むことができるのも嬉しいところです。

  • 即日審査ですぐに現金が受け取れる
  • 直接お店や会社に行かずに申し込める
  • 平日19時、日曜日18時まで申し込める
  • 祝日も通常営業している
  • 業界で有名なので安心できる

これらの特徴に魅力を感じる方は、給料ファクタリングサービスは七福神に相談してみることをおすすめします。

 

まとめ

給料ファクタリングサービスは、会社に交渉したり、家族にバレたりすることなく、一定額の手数料で給料を前借りできるサービスです。

  • 利息のように支払総額が変動しない
  • 自己破産の過去があっても融資可能
  • 会社や家族にバレない

このようなメリットがあり、給料ファクタリングサービス会社との2者間契約のため、会社に直接前借りの交渉をする必要もありません。

 

周囲の誰かにバレたくない、自分で交渉するのは難しいし恥ずかしい、ブラックだから銀行や消費者金融から借りれないという方は、利用を検討してみてはいかがでしょうか。